アニメから原作小説へ~小説の世界とアニメの世界それぞれの魅力~

アニメは昔から大好きでした。原作漫画を読み、アニメ化が決まればとても楽しみでわくわくしていたものです。このキャラクターはどんな声になるのか?どんな感じで動くのか?原作とは違うのか?アニメ=原作漫画の図式が強かったように感じます。一方、小説はまったく読んだことがありませんでした。イメージ的に、文字ばかりで挿絵も少なく話しがよく分からないものだったからです。そんな小説への世界を開くきっかけになった作品があります。有川浩先生原作「図書館戦争」シリーズです。この作品に出合ったのは、何気なく見たアニメがきっかけでした。現実世界ではない設定ながらも、なぜかこんな世界もあるかもと思ってしまいそうな世界観は独特なもので、とても惹きつけられました。また、熱血で優しい主人公の笠原郁や、それを見守る厳しくも素敵な上司の堂上篤などとても魅力的で人間臭い登場人物にとても好感が持てました。そして、このアニメに原作小説があることを知りました。アニメでは詳しく分からなかったことや、その後のストーリーもあると分かったため、私は初めて本格的な小説を買いました。そして、分かったことがあります。小説はすごいと!文章を読み頭の中で色々想像しながら読んでいく楽しさを知りました。実際には見えないけれど、たしかに小説の中で登場人物たちは活き活きと動き生活しています。アニメにはない魅力を感じた瞬間でした。ただ同時にアニメのすばらしさも感じることができたのです。小説の中とはちょっと違う人物像、セリフのちょっとしたことで気持ちの変化も感じることができるのです。アニメ、小説同じ作品であるけれど違う魅力を感じることができる!あなたもそれぞれの世界で違う魅力を探してみると楽しいと思います。婚活サイトのおすすめは?